実績から生まれた即戦力ソフト( 東京版 )

住宅防音工事積算システムは既に10年以上、特定の住宅防音工事設計・積算設計事務所グループで使用され、改善されてきました。

拾いデータを入力・登録する事により局審査時の拾い書、設計書、工事完成時に提出する各書類までを一元管理するシステムです。
  • 拾い書を作成する事で設計書に移行できないか?
  • 拾い書の計算方法を残したままの保存は出来ないか?
  • 拾い書から設計書への転記ミスをなくすには?
  • 拾いに対する事務所内の考え方を統一できないか?
  • 設計書へ入力する単価の入力ミス…
  • 拾い書、設計書の計算間違い…
  • 想定していなかった物件数の処理…
  • 「拾い書」を入力することで「設計書」が出来上がります。
  • 面倒な木工事の材積計算も 寸法入力,削り面入力 で自動計算します。
  • 入力数値を訂正すると関連工事は自動変更です。
    サッシの寸法を変更したからといって、額縁、塗装、壁面積、撤去等 を見直す必要はありません。
    すぐに「設計書」で確認できます。
  • 外注事務所での拾いもデータを自社の「拾い書」に読み込んで確認作業が出来ます。
  • 操作に慣れてくると4室工事で1日2件、1室なら6件は「拾い書」、「設計書」を出力する事が出来ます。
  • 集合住宅などの経費計算、設計監理費算出を行う「集合計算書」にも対応しています。
  • 「設計書」の経費は自動計算ですが、何らかの理由で経費率変更が出たときには経費率変更が可能です。
  • 複写機能で集合住宅等で2件目以降を最初から入力するのではなく、
    前入力したデータを複製して修正する事で入力時間を大幅に短縮する事ができます。
  • 入力した全ての物件が一括管理できるデータファイル管理システムを採用しています。
  • 「設計監理委託契約書」から「完成工事届け書」まで住宅防音工事関連書類を全て網羅しています。
  • 設計監理費も自動算出。もしやの場合も大丈夫。
  • 初めての方でも住宅防音工事積算システムをすぐに使いこなせるマニュアル付きです。